めぐみ皮フ科クリニック

Acne & Red face

にきび・赤ら顔

Acneにきび・にきび跡

にきび・にきび跡

皮脂は、皮脂腺から分泌されて毛包を通り毛穴から排出されます。
皮脂の分泌が適度である限りは、皮脂には皮膚の潤いを保つという重要な役目があります。
しかし、分泌が過剰となったり、毛穴の入り口が汚れや古い角質によってふさがってしまうと、毛包内に皮脂がたまってにきびとなります。
そこにアクネ菌が感染すると、化膿し、炎症を起こしてしまいます。
喫煙や睡眠不足、便秘、ストレスなども酸化作用がありますので、にきびを悪化させる原因となります。

 

にきびの種類
黒にきび
黒にきび

毛穴(毛孔)の入り口で、脂が空気に触れて酸化(腐り)し、黒くなって見える状態
特徴:脂が空気に触れ酸化し黒く見える。

白にきび
白にきび

毛穴(毛孔)が閉鎖している為、脂が出られなくなって脂が白く見えている状態
特徴:脂が空気に触れず酸化しない為、白く見える。

赤にきび(赤色丘疹)
赤にきび

毛穴(毛孔)の中で酸化(腐る)して、毛孔が炎症をおこしている状態
特徴:毛穴(毛孔)の部分や周りが炎症を起こして赤くなっている。

 

治療方法
にきびのレーザー治療法

化膿したニキビの直上にレーザー光線を照射し、皮膚に針穴の10分の1 程の細い穴をあけます。
この小さな穴を通って皮膚の中に透過したレーザー光が毛穴の中で拡散し、中で詰まったコメドやウミ・脂質をその熱エネルギーで溶解します。
レーザー光は同時に殺菌作用もあります。
毛穴の中からウミや皮脂が排出されると、炎症がとれニキビの再発しにくい肌へと置換されていきます。

にきびのレーザー治療法

 

にきびのレーザー治療法

毛穴が角栓でつまって、皮脂腺から分泌される脂質が溜まります。
そこにアクネ菌が増殖して炎症を起こします。

にきびのレーザー治療法

レーザー光線がアクネ菌を殺菌し、炎症がおさまりはじめます。

にきびのレーザー治療法

数回のレーザー治療でアクネ菌が殺菌されて炎症が治ります。

にきびのレーザー治療法

脂質も排出されて、ニキビが治ります。
医療レーザーでにきび跡の治療を行うと毛穴の引き締め、コラーゲンの産出などの効果でスキンテクスチャーが改善します。

 

  • 自由診療
  • 保険診療

 

Q&A

適応部位はどこですか?

にきびのある部分とその周辺です。
またこれからにきびが出そうな部位、毛穴の目立つ所やにきび跡にも照射します。

痛みはありますか?

照射時の痛みは軽くゴムではじかれる程度です。
我慢できない方には、20分前より麻酔のクリームを塗る事で痛みを和らげる事が出来ます。

レーザー照射直後はどのような状態になりますか?

照射部位の軽度の疼痛・発赤・腫脹を認める事がありますが、適切な処置により数日で消失します。

治療回数は何回ぐらいですか?

にきびの状態や肌の状態にもよりますが、4週間おきに計4回の照射を1クールとして治療される事が必要です。
にきび肌は角質が肥厚している状態なので、ケミカルピーリングを一緒にする事をおすすめいたしております。
その場合ケミカルピーリングとレーザー照射を2週間ごとに行っていただきます。

ニキビのできない肌質になりますか?また、効果はどのくらい持続しますか?

元々にきびの出来やすい肌質の場合、完全ににきびの発生を防ぐ事は難しいですが、治療前よりは確実ににきびは減りますし、治療後はにきびの出来にくい滑らかな肌質になります。
また、十分なホームケアをする事で効果の維持が可能です。

副作用の心配はありませんか?

時に、レーザー照射による一過性の炎症後の色素沈着が起こる事があります。
紫外線対策を十分行い、処方される美白剤のクリームを使う事で消失します。

Red face赤ら顔

めぐみ皮フ科クリニック

一般的には、末梢血管の循環うっ血で生じることが多く、温度が上がった時や、興奮した時、緊張した時などに頬の赤さが強調されます。
その要因としましては、寒冷地、ことに寒風のある地方で生育した場合、また、内分泌ホルモン系機能障害や便秘、胃腸障害によるのぼせの状態が継続した場合などがあります。
その他、ステロイド外用剤、放射線照射により皮膚が萎縮した場合にも発生します。

 

治療方法
  • IPL光治療
  • ぬり薬、内服(抗生剤・ビタミン剤)
  • 自由診療
  • 保険診療

page top

048-291-5266