めぐみ皮フ科クリニック

Impetigo

とびひ

Impetigoとびひ

「とびひ」とは
とびひ

「とびひ」は、細菌の感染でできる、子供の代表的な皮膚病のひとつです。
夏の前後にできやすく、ある日突然、鼻の穴のまわり、手や足に直径1~2mmくらいの小さな水疱がいくつもあつまってできます。
気づかないでいると、数日のうちに指の頭ほどにも大きくなります。
この水疱は、うすい透明の膜でおおわれていて、やがてやぶれて、水がでてきます。
やぶれたあとには、赤肌があらわれてきますが、間もなく乾いてかさぶたができます。
そして、数日のうちにかさぶたもとれて、治ってしまいます。
その間は、だいたい1週間から10日ほどです。
「とびひ」は普通、発熱もなく、全身状態に影響をあたえることはありません。
しかし、強いかゆみはあります。
また、幼児や新生児で、からだじゅうに広がったときは、発熱することがあります。
全身に広がった重症性の「とびひ」になると、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群へと移行することがあります。
症状は、37~38度の発熱と、顔面、頸部、腋か、躯幹と順に下に、一見するとやけどをしたように赤く見えます。

 

治療方法
  • 抗生物質(内服・ぬり薬)
  • 自由診療
  • 保険診療

page top

048-291-5266