めぐみ皮フ科クリニック

Hives

じん麻疹

Hivesじん麻疹

じん麻疹とは
じん麻疹

じん麻疹は、皮膚の少し深いところで「浮腫(むくみ)」が起きている状態です。
ミミズ腫れのように赤く腫れ、かゆみをともないます。
ごく一過性で数時間経つと治ってしまうのが特徴的です。
ただ、時間を変えて別の場所にでてくることがありますし、人によっては慢性的に生じることがあります。
1カ月以上にわたり繰り返す場合を「慢性じん麻疹」とします。
発生機序には、ヒスタミンという化学伝達物質がかかわっています。
このヒスタミンをおさえるの薬として、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を使用します。

 

じん麻疹の原因

原因としては、食物や薬のアレルギー反応によるもの、かぜ、温熱、寒冷、日光、物理的な刺激、ストレスなど多岐にわたります。
原因を特定できないこともあります。

 

治療方法
  • 内服(抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬)、ぬり薬
  • 自由診療
  • 保険診療

page top

048-291-5266