めぐみ皮フ科クリニック

Atopic dermatitis

アトピー性皮膚炎

Atopic dermatitisアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎について
アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎にはアレルギー的な側面と、皮膚が乾燥しバリアー機能が弱いという非アレルギー的な側面があります。
子どもの皮膚はただでさえ、大人に比べてバリアー機能が弱いため、アトピー素因があると子ども時代にアトピー性皮膚炎を発症しやすく、大人になり皮膚が成熟するにつれて軽くなる傾向があります。
つまり、子どものアトピー性皮膚炎は非アレルギー的な側面が強いのです。
非アレルギー的な側面は、正しいスキンケアを継続することで、皮膚の症状を緩和したり、予防していくことができます。
ですから、アトピー性皮膚炎のお子さんは、治療と並行して、毎日適切にスキンケアをしていくことがとても大切になります。

 

受診の目安は?

顔や首にカサカサまたはじくじくした湿疹ができ、スキンケアをしているのに治りにくい時は受診しましょう。
生後2~3ヶ月では診断がつきにくいのですが、医師は症状に合わせて塗り薬を使いながら経過を観察します。

 

一般的に、アトピー性皮膚炎の症状は?
  • ① かゆみがある
  • ② 慢性に繰り返す
  • ③ 特徴的な湿疹

が出た場合をいいます。

生後2~3ヶ月頃までは乳児湿疹と区別がつきにくいですが、生後3~4ヶ月を過ぎてもかゆみを伴う湿疹を繰り返したり、湿疹がじくじくして悪化したり、全身が粉をふいたようにカサカサ、ザラザラしてきたりします。
中でも特徴的なのは、いわゆる“耳切れ”と呼ばれているもので、耳のつけ根が切れて赤くカサカサしてきます。

 

治療方法
  • ぬり薬、内服薬、デュピクセント(注射)
  • 自由診療
  • 保険診療

page top

048-291-5266