めぐみ皮フ科クリニック

Spot & Wrinkles & Vitiligo

しみ・しわ・白斑レーザー治療

Spot removal laserしみ取りレーザー

Qスイッチアレキサンドライトレーザー
Qスイッチアレキサンドライトレーザー

Q-スイッチドアレキサンドライトレーザーは、 茶色いシミ、青いアザや入れ墨などの 治療に当たっております。
当院で導入した最新型のレーザー装置は 米国のボストンで開発された 全く新しい治療器で、 その治療効果についても、 米国や日本において十分に時間をかけて 実証されております。

  • 1.傷などの二次的な副作用の心配はほとんどありません。
  • 2.局部麻酔のみで治療でき、痛みもほとんどありません。
  • 3.出血することがありません。

 

しみの治療

シミに対するレーザー治療を行う前に、レーザー治療が適切なシミなのか判断する必要があります。

一口にシミといっても、老人性色素斑、肝斑、雀卵斑、両側性遅発性太田母斑様色素斑などの良性の皮膚疾患から、悪性黒色種や基底細胞種などの悪性腫瘍まで相談があります。

悪性腫瘍にレーザー治療が適切でないことは言うまでもありませんが、肝斑もレーザー治療により色調が増悪することも知られています。
つまり、皮膚科学の知識のもとでレーザー治療が行われるべきだと考えます。
シミに対するレーザー治療は即効性ではありません。
破壊されたメラニンやメラニンを含む細胞はすぐに消失するのではなく、数ヶ月を要して皮膚からリンパ節へと運ばれてなくなっていきます。
また1回のレーザー照射ですべてのメラニンおよびメラニンを含む細胞が破壊されるわけではないので、経過をみながら2回目、3回目の治療が必要となってきます。
その場合、焦らずじっくり経過をみながら治療の時期を決めていくことも大切です。
レーザー治療後はアフターケアも必要です。
サンスクリーン剤を正しく使用し、レーザー照射後の炎症後色素沈着を起こさないように注意します。

また、ハイドロキノンやレチノイン酸、アスコルビン酸誘導体によるスキンキュアも併せて行うとより効果的です。

Fractional laserフラクショナルレーザー

しわ、ニキビ跡、キズ跡の治療

FRACTIONAL(フラクショナル)レーザーとは、皮膚の深部にミクロな熱ダメージを与えることで、コラーゲンが再構築、増殖し、よりきれいなお肌に生まれ変わるレーザー治療です。

レーザーを照射した際に1センチ平方メートル四方の肌面積に対して1000~2000個の毛穴より小さい穴を開けて、瞬時に強い出力のレーザーを肌の真皮まで送り届けます。 レーザーがダイレクトに真皮に届くことで細胞が活性化し、コラーゲンやエラスチンを生成し、肌の内部から若返りを図ることができるのです。

フラクショナルレーザー   フラクショナルレーザー

 

フラクショナルレーザーの適応
  • しわ
  • ニキビ跡(クレーター)
  • キズ跡(凹んだキズ)
  • 手術痕
  • 妊娠線
  • 毛穴の縮小
  • 肌質改善
  • アンチエイジング

 

治療できない方
  • 妊娠中の方、ケロイド体質の方
  • 治療前後に強い日焼けを行なった、あるいは行う予定の方
  • 過去12ヶ月以内にアキュテイン(トレチノイン)を服用した方
  • 治療部位に皮膚炎、皮膚感染症(単純ヘルペスなど)がある方
  • 創傷治癒が遅い既往歴のある方。
  • 治療部位に肝斑がある方。
  • 膠原病や自己免疫疾患のある方。
  • 医師が施術不可能と判断した方。

 

治療の流れ
  • ① 治療の前に洗顔をしていただきます。
  • ② 医師のカウンセリング後、レーザーを照射いたします。
  • ③ 治療の時間は全顔で15分~30分です。
  • ③ 皮膚を冷却します。
  • 照射後の反応を見ながら十分な冷却が終わればそのままお帰りいただけます。
  • ※治療は1~2ヶ月に1度行います。
  • ※1回の治療でも効果はありますが、3回以上行うと高い効果が期待できます。
  • ※治療期間中の施術部位を日焼けしないようにしてください。
  • ※施術後数日間は照射部位にざらつきや赤みが生じます。
  • ※治療回数や照射時間は患者様により異なります。
    詳しくは、医師・スタッフにお気軽にお尋ねください。

 

症例写真
  • 症例写真
  • 症例写真
  • 症例写真
  • 症例写真

 

Q&A

痛みはありますか?

無痛ではありませんが、痛みにい弱い方は冷却をしながら照射したり、必要に応じて麻酔クリームを使用しますので、ご安心下さい。

ダウンタイムは長いですか?

赤みは数時間後には消えます。その後微小な点状のかさぶたができて日々の洗顔で1週間程度で取れていきます。

治療後お化粧はできますか?

治療当日から可能です。

治療回数はどのくらいですか?

患者様の症状や部位により異なりますが3回以上のトリートメントをおすすめします。

VTRACヴィトラック

白斑・乾癬・アトピー性皮膚炎・円形脱毛症の治療
VTRACとは
ヴィトラック

VTRAC(ヴィトラック)とは、白斑、乾癬等を治療するターゲット型UVB照射器です。 従来の光線療法(PUVA療法/ナローバンドUVB療法)で、治療効果が乏しかった患者様にも効果的であり短期間に皮膚症状やかゆみの改善が認められる最新紫外線治療です。 VTRAC治療は健康保険が適用されます。 最新の医療システムを導入しました。

 
ヴィトラックの適応
  • アトピー性皮膚炎
  • 尋常性白斑
  • 尋常性乾癬
  • 掌蹠膿胞症
  • 扁平苔癬
  • 類乾癬
  • 円形脱毛症
  • 強皮症
  • 菌状息肉症
  • 皮膚T細胞リンパ腫

 

治療の流れ
  • 1日目:感受性(最小紅斑量:MED)測定
  • 2日目:検査結果のご連絡
  • 施術:一週間に1~2回の照射をお勧めしています。
    照射回数は状況を見ながらになりますがおおよそ15回~40回程度の照射で治る方が多いです。

 

白斑の症例
斑の症例

 

Q&A

痛みはありますか?

まれにちくちくとした感覚はありますが、痛みはほとんどありません。 お子様や年配の方でも安心して受けていただくことができます。

どんな治療?

ヴィトラックで治療する部位を決め、正常部位を保護しながらハンドピースをあて光をワンショットずつ照射していきます。
従来の漸進型治療と違い、疾患部をピンポイントで照射するため、短期間で治療できます(疾患の面積により時間は異なります)。

どのくらいのペースで治療を受ければいいですか?

症状によって治療回数は異なりますが、週2~3回のペースで継続するとよいでしょう。
数回の治療でかゆみがおさまる、色素が出てくるなど、実感される方もいます。

ヴィトラックはどんな人に向いた治療?

  • 全身型治療器では光があたりにくい部位、または影になる部位に疾患のある方
  • 従来の治療効果がそれほどあらわれてない方
  • 疾患の面積が小さい方

page top

048-291-5266